今さら聞けないひきこもり支援のこと-講座と事例検討会でひきこもり状態にある人への支援のヒントを探る

受付中
分類 新潟県社会福祉士会主催
開催期間 2022年02月26日(土)
開催時間 13時30分 ~ 16時00分
会場 新潟ユニゾンプラザ 4階「大会議室」
詳細

担当

(公社)新潟県社会福祉士会 会員活動部/生活・更生保護、児童家庭支援班(略称:生活支援班)

趣旨

生活支援班の今回の研修テーマは『今さら聞けないひきこもり支援のこと』。
内閣府は「若者の生活に関する調査(2015年)」で、39歳以下でひきこもり状態にある人が54万人、「生活状況に関する調査(2018年)」で、40歳以上でひきこもり状態にある人64万人いると発表しました。
それから各地でひきこもり支援に対する研修や講座が実施され、専門職の間でも問題意識が高まってきています。ひきこもり状態にある方々の支援は、今後の社会福祉の大きな課題になることは間違いありません。
そこで、これまでの復習や再確認のために、本講座を開催することにしました。講座や事例検討会を通して、今後の支援のヒントになる場となることを目指しています。

内容

講座①『ひきこもり状態にある人の支援と理解』スピーカー:NPO法人新潟ねっと 村山賢

講座②『8050世帯への対応と支援の実際』スピーカー:柏崎市ひきこもり支援センターアマ・テラス 本間良子

事例検討会 コーディネーター:新潟市地域包括支援センターしろね南 秋山詩織

★詳細は開催案内チラシをご覧ください。

参加費

1,000円(ただし、新潟県社会福祉士会正会員および準会員、学生は無料)

申し込み

専用申込フォームよりお申込みください(Googleフォームを使用)

※上記申込フォームにアクセスできないという方は、こちらの申込書(Word文書)をご使用ください。

諸注意

感染防止対策を講じた上で新潟ユニゾンプラザ「大会議室」での集合型研修を予定していますが、今後の新型コロナウイルス感染状況によっては、オンライン、或いは中止とする場合がございます。予めご了承ください。