【日本社会福祉士会】コロナ禍におけるソーシャルワーク実践に関する基礎的研究結果

2021年4月22日 新着情報

2020年度に日本社会福祉士会が実施した「コロナ禍におけるソーシャルワーク実践に関する基礎的調査」のとりまとめ結果が公表されました。

公表先URL:https://www.jacsw.or.jp/08_iinkai/chiiki/files/2021/20210421.pdf
(日本社会福祉士会のホームページにリンク)

本調査は、日本社会福祉士会が都道府県社会福祉士会等を介して行った基礎的調査をもとにしているため、全国のコロナ禍におけるソーシャルワーク実践を網羅したものではありません。

しかし、全国各地のソーシャルワーク実践を把握し、コロナ禍以前のソーシャルワーク実践と緊急事態宣言下におけるソーシャルワーク実践の共通性と変化を含む取組みを把握し、コロナ禍におけるソーシャルワーク実践についてまとめたものとなっています。

持続可能なソーシャルワーク実践の参考に、ぜひご覧ください。