虐待対応

虐待対応委員会

高齢者や障害者の虐待防止に関する事業・活動を担当する委員会です。2020年度現在、以下のような活動をしています。

障害者虐待対応に関して

  1. 新潟県からの依頼に基づき、新潟県自立支援協議会権利擁護部会の委員を推薦しています。
  2. 新潟県からの依頼に基づき、新潟県障害者虐待対策に係る「支援専門委員」を推薦しています。
    「支援専門委員」とは、障害者虐待及び権利擁護に関する市町村からの相談に対して、新潟県障害福祉課が必要に応じて派遣する専門職種です。支援専門委員には社会福祉士の他、弁護士、精神保健福祉士がおり、市町村が開催するケア会議等に参加して専門的な助言等を行います。
    *新潟県の障害者虐待対応対策については新潟県ホームページを御覧ください。
  3. 弁護士、精神保健福祉士とともに「障がい者権利擁護相談対応チーム」を設置し、市町村や基幹相談支援センターからの相談に対しチーム派遣などに応じています。また、定期的に障害者虐待防止に関する意見交換会を実施しています。

高齢者虐待対応に関して

  1. 日本社会福祉士会開発プログラムによる「養護者による高齢者虐待対応現任者標準研修」を、概ね2年に1回実施しています。
  2. 新潟県弁護士会と当会とで「高齢者虐待対応専門職チーム」を設置しています。新潟県から受託した「新潟県高齢者権利擁護相談支援事業」において、専門職チームによる市町村及び地域包括支援センターの高齢者権利擁護対応への支援を行っています。
    *高齢者虐待対応専門職チームの活用・利用申込については以下をご覧ください。

権利擁護の地域づくりをお手伝いします

新潟県社会福祉士会・権利擁護の地域づくり事業メニュー(総合)ちらし

■高齢者虐待対応専門職チーム(新潟県高齢者権利擁護相談支援事業)の利用方法

事業の概要(2020年度)

ご相談・お申し込みの流れフロー図

メニュー
(各メニューの内容は「事業の概要」をご覧ください)
仕様様式等
menu.1 個別ケースへの助言支援 アセスメントシート様式
アセスメントシート記入要項※ケースの概要や支援経過がわかる記録の写しを一緒にご提出いただけるとありがたいです。
menu.2 事例検討会の実施支援 申込書(事例検討会の実施支援)
menu.3 研修企画へのアドバイザー派遣 申込書(研修企画アドバイザー派遣)
menu.4 その他電話相談 電話相談案内